トップ>Triumph Spitfire MK4 再開編


Triumph Spitfire MKIV 1972
Comission No.:FH39579
Engine No.:FH030852HE
公開日タイトル内容
2009年12月全塗装の準備 その5塗装の剥離で一番大変なのは、サンダーなどの電動工具で処理できない、細かい部分の作業です。
2009年12月全塗装の準備 その4この週末は仕事が入ってしまい、あまり時間が取れませんでしたが、例え少しでも作業をやりましょう
2009年11月全塗装の準備 その3先週に引き続き、エンジンルームのボディの塗装剥離と錆び落としです。
表面的には錆びが出てなくても傷んでいそうな塗装面の塗装を落とすと、たいてい下地の鉄板には薄い錆びが出てます。
2009年11月全塗装の準備 その2これまで、塗装の剥離はドアやボンネット、ボディ、トランクリッド等、基本的には平面状の箇所に手をつけてきていましたが、 当然それら剥離や塗装がしやすい場所以外にも、再塗装が必要な箇所が結構あります。
2009年11月全塗装の準備塗装を剥離したボディに早く錆び止めを塗らなければ・・・・・
でも、ボディは曲線の部分がとても多く、そこに綺麗に塗りつけるにはそれなりの技術が必要なんです。
2009年10月いよいよ本気でレストア再開ここのところ、がぜんSpitfireのレストアに意欲が沸いてきました。・・・
2009年2月大量の新品パーツを整理寒くてどんよりの祝日、この日は家の中でガレージに眠ったままだった新品パーツ類を引っ張り出して整理しました・・・・
2009年2月体調不良につき室内作業この週末は悪天候&風邪引きで自宅でまったりと作業・・・・
2009年1月フロア、室内の程度は・・・ボディのフロア等、室内側のリペア準備をします。外したままでボディの中に放置していて部品類を降ろして作業開始します
2009年1月ボンネット錆止め塗布綺麗に剥がしたボンネットに強力錆止めコーティング剤のPOR-15を塗布します
2009年1月シャシー塗装準備 その2サンダーでボディやボンネットの錆落としをやります
2008年8月シャシー塗装準備 その1車内にずっと置きっぱなしだった物を整理し、ボディの持ち上げに備えます
2008年8月やっとレストア再開!ようやく本命の車、トライアンフ スピットファイア MK4のレストア再開に着手です。